• サンプルページ
  • 日本の最果てからのぞむ

    Written by サムソン on 土曜日, 1月 31st, 2015 ( Start discussion )

    2014年の年末。
    私は、日本の最果てに立っていた。

    定番といえば、北海道は稚内から近い宗谷岬(日本最北端)かもしれないが、今回私が挑戦したのは、一般人が誰でも行ける日本最東端だ。
    北方四島はとりあえずすぐに行けないので除外だ(その扱いについても議論があるがスルー)。

    日本最東端からそのさらに東をのぞむと海が拡がりその向こうに島がみえる。
    北方四島・北方領土と呼ばれる島々である。
    でも、回れ右してみよう。

    広大な草原?が広がっている。
    とにかく向こうに建物らしきものが見えず地平線が見えるのではないかと思ってしまう。
    でも、その向こうに根室の町がある。
    さらにそのずっと向こうに釧路・帯広・札幌・函館という街があって、そしてその背後には本州がある。
    仙台・東京・名古屋・大阪・広島そして九州・沖縄がさらにその向こうにある。
    もちろん、見えない。

    ネットやTwitter・LINEが普及して日本も世界も狭くなったということを疑う人は少ないかもしれない。

    しかし、生の景色を見るとやっぱり疑ってしまう。
    いくら島国であっても広大な大地が広がっていて、そしてその向こうに街があっていろんな姿を見せてくれる・・・
    最東端の展望台から西をのぞむとその壮大さ・その広がりに足がすくまずにはいられなかった。

    誕生日に家族みんなでフカヒレ

    Written by サムソン on 月曜日, 12月 22nd, 2014 ( Start discussion )

    うちの家族は、誕生日には、かならず外食しています。

    今回は、私の誕生日で、中華に予約をとりました。

    とても北京ダックが好きで、この日を待ちに待っていました。

    サービスで出てきたフカヒレスープがとても美味しくて、二歳の息子にも生まれてはじめてのフカヒレを食べさせてみましたが、反応は普通のご飯と同じ反応でした。

    まあ、まだわからないよなあと思いながらも、高いものなんだよ、普段食べれないからね、次はいつ食べれるかわからないよと言い聞かせながら食べました。

    春巻きや野菜炒めなどにもフカヒレが入っていて、本当に久々に豪華なお食事ができて、嬉しかったです。

    フカヒレのはいった唐揚げが一番子供は柔らかくて気に入っていました。

    意外に、中華のくせに薄味で食べやすくくせになりそうでした。

    今回は、誕生日だったので、割引券が郵送されてきたのですが、それを忘れてしまい、取りに帰ろうとしたら、サービスしますといわれ感激しました。

    そういう心遣いは嬉しいです。

    また行きたいなと思わせてくれるお店だなあとおもいました。

    ただ生きる。

    Written by サムソン on 水曜日, 11月 26th, 2014 ( Start discussion )

    昨日休みだったので、今日は、私にとっては、週のはじまりです。

    私は水曜日休みなので、来週の休みは、水曜日です。

    私は、Wワーカーで、早朝のアルバイトもしているので、最近は、週に一回しか、家に帰っていません。

    本業の仕事が、夜10時に終わるので、その後家に帰らず、早朝のアルバイト先に内緒で、泊まっています。

    なので、三人の子供に会うのは、週に一回だけです。

    みんな学校や幼稚園に行っているので、休みの日も、午後3時頃にならなければ、子供らも、帰ってきません。

    子供らも慣れたもので、パパが
    いなくても、大丈夫だよ。
    なんて、言ってきます。

    どっちかといったら、私の方が寂しくなるのです。

    私の母親もそうですが、子供が、親に対する想いより、やはり、親が子供に対する想いの方が、強い気がします。

    私も三人兄弟です。
    何故か、私の子供も三人兄弟で、年の離れ方も性別も一緒です。

    私は三人兄弟の末っ子なので、私の母親は、今でも私の事を凄く気に掛けてくれます。
    それを受けた私はといえば、大した親孝行もしていません。
    実家にも、三年間位帰っていません。

    来年は水曜日は、祝日が結構絡むので、実家に帰ろうとは、思っています。

    煮物作りに初挑戦

    Written by サムソン on 水曜日, 11月 19th, 2014 ( Start discussion )

    先日、始めて煮物作りに挑戦しました!
    自炊を始めて早一年になりますが、料理は好きでよく作るのですが、恥ずかしながら煮物は作ったことがありませんでした。

    煮物は食べるのは大好きです。
    しかし、煮物ってなんだか難しそう。
    というイメージがありなかなか挑戦できませんでした。

    でも、なぜかその日の朝は起きたときから筑前煮が食べたーい!と思い筑前煮が頭から離れなくなりました。

    ラッキーなことに、その日は特に予定もない。
    さっそくスーパーに出かけて、必要な材料を買いに行きました。

    人参や鳥肉、こんにゃくを買い、レシピを見ながら下準備し、後は煮るだけ!とーっても簡単でした。

    たまに、アク取りをするだけで後は放ったらかしです。
    簡単!なんで今まで作らなかったんだろう?!
    しかも美味しくできました!
    これはリピート決定です。
    これから、寒くなる季節なので、もっと色々な煮物料理に挑戦していきたいです。

    なぜいつもお説教されるのでしょう?

    Written by サムソン on 日曜日, 11月 16th, 2014 ( Start discussion )

    私は年2回くらい、中学時代に仲の良かった友人と飲みに行きます。

    昨日もその飲み会でした。

    3人で待ち合わせをして居酒屋へ。

    とりあえずビールで乾杯をして、近況を語り合います。

    仲が良い友人とはいえ、久しぶりに会うので、最初のうちはお互い手探りなのです。

    一通りお互いの近況がわかると、だんだん打ち解けていき
    仲が良かった頃に戻ってバカ話が始まります。

    お酒もまわりはじめますし、いつものパターンです。

    そこまではいいんです。
    すごく楽しいです。

    旧友っていいな~、と心の底から思います。

    しかし・・・
    お酒がかなり入ってくると、酔っぱらうせいか
    僕に必ずお説教をしてくるA君がいるのです。

    毎回、飲み会の中盤あたりから、必ずお説教です。

    私はおとなしい性格ですし、顔までおとなしそうに見えるせいか、
    毎回標的になります。

    お説教の理由ですが、私が異性に対して消極的すぎるということらしいです。

    私はだいぶ前に離婚して、その後誰ともお付き合いしたことがないので
    それを心配してくれているようなのです。

    1時間以上もお説教を聞かされると、こちらもうんざりしてきます。

    私としては、今はまだ異性と本気でお付き合いする気がないだけなのです。

    でも、そう言ってもわかってもらえません。

    毎回これだから、私としてはたまりません。

    なぜいつもこうなるのでしょう。

    でも、酔いがさめると、彼は私にお説教したことを
    ほとんど覚えていないのです。

    「そんな話したっけ? ゴメンゴメン!」って謝ってきます。

    説教ぐせがあること以外は
    とても良い性格の、大切な友人なのです。

    そうでなければ、ぶっ飛ばしてますよ。
    (苦笑)
    これからも、良い友人としてよろしくお願いします。

    でも、お説教はそろそろやめてくださいね。

    それでは、また逢う日まで・・・。

    最近の不満

    Written by サムソン on 金曜日, 10月 24th, 2014 ( Start discussion )

    最近とても、不満におもったことがあります!
    仕事で、カード会社に連絡したり、携帯会社にれんらくしたり色々会社に連絡したいことがありますよね。
    最近思ったことはどこの会社もまず、ほとんどすぐ人に繋がる電話番号がないのです!!
    まず、録音のテープがながれてなかなか人に直接たどりつきません。
    しかも録音テープなのでききづらく、○○のお客様は何番、とか時間だけとられるパターンがおおく自分がどの事例に当てはまるのかわからないことが、多々。
    直接人に聞けたらどんなに早いだろうと、、!有料でオペレーターにつなげる番号にけたとしても、まず最初は録音テープ!
    そしてトゥルルルと繋がった!と思ったら
    延々とそのままお待ちください!ずっと待っても繋がることはほぼありません。
    困って電話をしてるのに、聞いてもらえる人に繋がらない今のこのシステムが本当に不満です!かかってこないと思って人を用意してないのでしょうか?ただ、電話代をはぼったくられて終わりです。
    このストレスはどこにぶつけていいのか、、、とゆう私の最近の悩みでした。

    100均で手作り本棚

    Written by サムソン on 木曜日, 10月 16th, 2014 ( Start discussion )

    100円均一にて、30センチほどのひのきのまな板があったのでこれで息子の本棚を作ろうと思い購入しました。

    まな板は下の台になる部分です。

    背もたれは何が良いかな? 同じひのき板でもいいんだけど……もっと何かないだろうか。

    と物色していると同じサイズのコルクボードを発見。

    おお、これイイジャン☆
    同じひのきの板を背もたれに持ってくるよりもコルクボードの色味で変化があって楽しいし本棚として使用しなくてもいいし! 決定。

    あとは横のストッパーですが、これは家にある端切れ板を使う事にしました。

    釘も購入していざ、久しぶりの工作!
    息子が学校に行っている間に完成させなくては。

    1歳になるおちびちゃんがいるので途中わーわー騒がれたり一緒にコンコンやりたがったりと違う部分で四苦八苦していましたが、無事に完成しました。

    我ながらなかなか良い出来です。
    自画自賛。

    学校から帰ってきたら息子はよろこんでくれるかしら~。

    と、出来上がった本棚をおちびちゃんに貸してあげたらこの子には「自分に調度良いサイズの座イス」に見えたようでちゃっかり座ってました・笑
    ごめん、それ、おにいのなんだ。
    今度作ってあげるね……。

    そして学校から帰ってきた息子の反応ですが……スルーして3DSのゲームやってました。

    なんだよ! なんかないのかよ!!!・涙

    そうめん。それはそうめん。嗚呼、そうめん。

    Written by サムソン on 火曜日, 10月 7th, 2014 ( Start discussion )

    夏の暑い日にずるずると食べる冷えたそうめんは格別だと、多くの人が賛同してくれることでしょう。

    かく言う私もそうめんは大好物で、毎年大量に購入してはずるずると満腹に食べるのを楽しみにしています。

    そんなそうめんは子供の頃からの大好物。

    コンロを使うことが解禁されてからは、夏休みになると毎日のように茹でてはずるずる。

    薬味? タマゴ? 肉?
    そんなモノはいりません。
    めんつゆオンリー。
    めんつゆ大正義! な勢いで家族に止められるのも無視して食べまくったものです。

    しかし天は私を見ていたのでしょう。

    ある年の夏、ついに罰が下ったのです。

    そう、夏バテと言う名の天罰が。

    あの日、家族で街の中心部に出来たお洒落で新しいデパートに行く予定でした。

    父や祖母、兄弟は先に行き、後から私と母が合流することになっており、私はウキウキと子供ながらにお洒落をして準備をしました。

    一度は出かけたのですが母が忘れ物をした為に一度家へ帰宅。

    当時はマンションの高層階に住んでおり、エレベーターに乗ってお家へ。

    上昇中の表示を見たところ何となく気持ちが悪いなと感じ、そして私の意識は途絶えました。

    おや? と思った次の瞬間見えたのはエレベーターの天井。
    聞こえたのは母の「こんな所で寝るんじゃありません!」というお叱りの声。

    いえいえお母さん、私、倒れました。

    思えば母もいきなり娘が倒れて気が動転したのだと思うのですが、それでももうちょっと心配してくれても……。

    結局、周囲の制止や忠告を丸無視してそうめんのみを食べ続けた結果の夏バテと解り、その日のお出かけは私のみ中止。
    家族全員から説教を受けることに。

    お土産の天むすはとても美味しかったと覚えています。

    以来、そうめんを食べる際には必ず副菜をつけるようになりました。

    大人になった今はさすがにそうめんしか食べないという偏食はしませんが、そうめんは止められません。

    栄養のバランスって大切ですね。

    夏の思い出

    Written by サムソン on 月曜日, 9月 29th, 2014 ( Start discussion )

    夏といえば、スイカです。
    最近スイカを食べていて小さい頃の事を思い出しました。

    家族みんなでスイカをよく食べていたのですが、まだ子どもでよく物をこぼす子だったわたしは、家の中を汚さないようにとスイカは外の庭で食べていました。
    いつもは種はお皿に入れるのですが、その日は父親と口の種を飛ばして遊んでいたんです。

    すると数日後、そこからなにか芽が出てきたんです。
    こんなところに花を植えた覚えないけどなぁと思ってはいましたが、子どもの私が、これはきっと雑草だから抜こうと思うこともなくしばらく放置してたんです。
    それから1ヶ月経ったくらいだったと思います。
    久々に庭の花を観察していたら、なんとスイカができていたんです!ちょうど父親のこぶし程度の大きさだったと思います。
    すぐに親に報告し、その小さなスイカを家族みんなで食べましたが、全く甘くなかったです。
    とはいえ、スイカができていたのがすごく嬉しくて、今でも心に残る思い出になっています。

    プロポリスってすごいですね。

    Written by サムソン on 日曜日, 9月 21st, 2014 ( Start discussion )

    先日、知り合いに勧められて買ってみました。
    「プロポリスキャンディー」を!
    はちみつはずっと大好きだったのですが、プロポリスは名前くらいしか聞いたことがなくて。
    風邪の引き始めに舐めると治るというすごさがあるそうなのですが、私自身一度喉を痛めると1ヶ月以上治らないという頑固な喉の持ち主で…半信半疑でした。

    つい先週、職場で電話対応をしすぎたせいか、クーラーのききすぎかで喉が痛くなってしまいました。
    今こそその効果を試すときだ!と思い、プロポリスキャンディーを舐めてみることにしました。

    あれって、喉に炎症があるとその部分がピリピリするんですね。
    喉のピリピリとプロポリス独特の味に耐えながら数個の飴を消費しました。

    結果でいうと、痛みが軽減されたんです。
    結局病院には罹ったのですが、主治医からもいつもより軽いね、と言われるほどでした。

    プロポリス恐るべし、と思いました。
    液体のものもあるみたいなので、今後も定期的に摂っていこうかなと考えました。

    カテゴリー

    乾燥肌対策の化粧品

    ヒフミド 乾燥肌
    小林製薬のコスメライン「ヒフミド」
    非常に愛用者の評判がよいコスメで、特にクリームが大人気です。
    始めての人はトライアルセットが用意されているので、あなたのお肌でその優しさを実感してみると良いですね。
    Wordpress theme offered by MyDaysOf.com